fc2ブログ
16 2023

処理水は安全ですと言われても。

あしゅれです。

人生で何度かテレビに映っている映像が本当に
今起きていることなのかどうか信じられないことがありました。
阪神大震災もそうですし、911のテロ事件もそうでしたし、
東北大震災もそうでした。
中でも東北大震災のときの福島第一原発の建屋の水素爆発は
本当にこの日本で起こっているのか、どうしても信じられませんでした。

原発というものは安全なのだって教えてこられてきたのにもかかわらず
プレート型地震がきたら起こることが実績としても証明されている
簡単に想定できる範囲の事柄であっさりとぽぽぽーんしてしまった。
これは本当に私が誇りを持って生きてきた
日本という国で起こっていることなのか、
軽く頭痛するぐらい困惑してしまいました。

で、どう考えても大丈夫じゃないものが漏れ出てるにもかかわらず、
当時の枝野官房長官が「直ちには影響はない」から安心するように、
と繰り返し発言しているのを、日本政府がそこまで言い切るなら
大丈夫なんじゃないかって多くの人は信じました。

しかし、数日もすれば「直ちに」影響がないだけであって
影響がないわけじゃない、という幼稚な屁理屈がこねられていることが
誰しもが知ることとなりました。

戦後、だいぶ時間が経ち「大本営発表」が信じられないということが
肌感覚として失ってしまった日本人に、「大本営発表」を
思い出させてくれた瞬間です。
まさしくこの瞬間、立憲民主党政権は瓦解したと思ってます。

どれだけ大丈夫だと言われても、
科学的根拠があると言われても、
安全安心だと専門家が言おうとも、
もう政府の言うことは信用できないと思わせてしまいました。

すったもんだした豊洲市場の移転問題も移転したくない人や
都知事や日本政府の上げ足を取りたい人たちが
この時みんなが抱いた不安感をあおりにあおった結果です。
こうなると揚げ足取りは簡単です。
いくらでもこの不安感を刺激すりゃ簡単に問題を紛糾させられます。

で、その福島第一原発ででた処理水。
これもこの不安感のために政府の言うことを信用できずにいます。

今の自分たちさえいいならば、日本政府というところは
簡単にばれる嘘やレトリックを使うという事実はいまだに残っています。
時の政権与党である民主党や枝野氏個人の問題にしてしまってでも
あの発言は間違いであった、という談話を発表しない限り
何を言っても信用されない政府のまんまになってしまいます。

思わず本音が漏れてしまったり、
その人がもつ本性を現してしまうなにげない嘘といったようなものは
小骨のように刺さってしまってそのあとに大きな影響を与えてしまいます。
さらに、それを放置したり見て見ぬふりをしてしまうと致命傷になってしまいます。

日本政府という大きな話でもなく、小さな組織や、
もっとちいさな家族・友達でもありえるお話です。

じゃ、また

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

あしゅれ  

No title

日本人、というか日本のマスコミや政府の発表という
メガネを通してみればその通りなんやけど、
なんのメガネもなく見ればちうごくの言う通りなんよね。
コロナのワクチンも中国の医者が、モデルナやファイザーのワクチンのことを「あんな副作用のきつい訳の分からんワクチンをありがたがって、わざわざ高い金出して買うの馬鹿だよね。よっぽど中国のワクチンの方が対費用効果のバランス取れてるよ。」って言ってるのを聞いて、ほんまにそうだよなぁ、って思った。日本のメガネを通すと中国のワクチンなんてって思わされてたけど。
どうなんやろね、放出せざるを得ないのは理解するけど、やっぱり不信感は消えてないなぁ。

2023/09/17 (Sun) 06:59 | EDIT | REPLY |   

なすニキmeteorイヤー  

No title

ちうごくに「日本政府と東京電力の言うことは信用ならない」と言われたのが悔しかったですね

2023/09/17 (Sun) 00:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment