fc2ブログ
02 2023

「事実」と「ほんとに起こったこと」

あしゅれです。

少し前に書いたプリゴジンさん、
やっぱり死亡ニュース来ましたね。
まぁそりゃそうなるわな。

っておもったんですが、よく考えてみてください。
ワグネル一味がまとまって乗っていた飛行機が
ロシア上空から墜落して全員死亡したっていう「事実」が
すぐに報道されDNA鑑定までされて「確定事実」とされる
ことはだれにとって一番メリットがあるんでしょう?

「死亡したこと」ではなくて
「死亡したというニュースが流れること」と考えてください。

プーチンにとってこのニュースは裏切り者を殺してみせしめとしたという
メリットはありますが、仲立ちをしたと言われるルカシェンコの
メンツをつぶすというデメリットもなかなかです。
プリゴジンにとって考えるなら、「死亡ニュース」が出てくれれば
これ以降は命を狙われる心配がなくなります。
デメリットはとくにありません。
ウクライナにとってもロシア国内の混乱とプーチンの人でなしを
宣伝するためのいい材料でメリットしかありません。
アメリカにとってもほぼ同様です、強いていうなれば
プリゴジンの乱を後ろで糸を引いていたであろうアメリカの
頼りなさが目に付くかどうかぐらいだと思います。

プリゴジンだって自分の命が狙われていることなんかわかってるはずで
そんな人が自分の会社の主要メンバー揃ってロシア国内で飛行機に乗る?

ほんとに死んだのかなぁ。

信長ならたあっさり許してそのまんまこき使い、
ブラックすぎてノイローゼでまた反乱される、
秀吉ならほとぼり冷めてから
絶対成功しないミッションを命じて合法的に葬る、
家康なら大幅減俸して数代先に反乱に合う。

やっぱ裏切者は存在を消すのが正解かもね。

じゃまた。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment