FC2ブログ
02 2019

なにを守るのべきか

#EAGLE FLY FREEのあしゅれです。


先日、友達の家へ行く道中で大手不動産屋さんが開発した新興住宅地の中を歩きました。テレビのホームドラマに出てきそうな10年以内の少し大きめの家が建ち並ぶ綺麗な住宅地でした。


その中のとある一角に中古戸建ての売り物件の看板が4軒ほど固まってあるんです。どの家も綺麗なお家です。なんでこの一角だけ売りに出てる家が沢山あるのかなぁと思って見渡したら、すぐに何故かわかりました。


原因はその4軒に隣接する1軒の家です。雨戸は全部閉まってるのですがどの雨戸にも覗き穴みたいな穴が空いてます。庭は雑草が荒れ放題です。玄関にはよく意味のわからないこと(近隣さんの悪口であろうことはかろうじてわかりました)を書いた貼り紙がされています。門灯は割れたまんま放置されてます。


本当に幸せそうな街並みの中でこの一角だけは間違いなく不幸せそうです。その原因はこの1軒の家のせいだと断定していいと思います。1人の被害妄想の強い人のせいでたくさんの人の人生を狂わせてしまってるんです。


もちろんその人にも人生があってその人も大事にされる必要はあります。しかし、家を売りに出した4軒の人にも人生があって大事にされる必要があります。1人のせいで4軒分の家が不幸になる。そのどちらを優先すべきは自明の理だと思いますが、現状の法律ではその1人が何らかの危害を誰かに加えない限り「平等」に扱われます。


これで本当にいいのかどうか、私は疑問です。


京都アニメーションの放火事件で思ったことです。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment