FC2ブログ
04 2017

餞別の言葉

#EAGLE FLY FREEのあしゅれです。


th8の頃に加入して下さったth9のメンバーが一人、脱退しました。友達のクランに誘われたのでそこへ行くとのこと。次のクランでも頑張って欲しいと思います。


th8で加入当初から上手い人で、格上過ぎないって思うようなところを攻めて、そりゃ無茶や、って思って見てたらこともなげに全壊してくる、って人でした。th9になってもセンスの光る攻めを展開してくれてました。


リア友クランってなかなか同じ温度をみんなで保ち続けるのが難しいです。社会人だとまだましなんですけど特に学生さんは、難しそうに思えます。


どんなに綺麗事を言ったところで組織って完全にフラットな関係だけで構築するのは至難の業だと思います。リーダーだかボスがいて、その下にサブがいて、その下に一般メンバーがいる、10人を超える組織だと最低でも3層構造がないと、ダメだと思います。


順風満帆の時はみんなフラットでもいいのですが、そうは問屋が卸しません。その時に誰かが嫌なことを言ったり、やったりしないとダメです。その役割がリーダーや、ボス、またはその代理のサブです。普段偉そうに好き勝手してんねんから、汚れ役もやれやってことです。


リア友クランだとどうしても階層構造が取りづらいんですよね。ベースである友達という名のフラットな関係にひきずられて。援軍送るにしても、フラットな関係だと思ってる中で、何人かは送らない、特定の人だけが送る、この状態だけでもストレスになります。こういう小さいストレスがクラン崩壊のきっかけとなるんですよね。


うちのエース候補が行くんだから、行った先のクランが大きくなってほしい気持ちと、クラン崩壊して早く帰ってきてほしい気持ちと半々ぐらいです、正直。一応、チャットでは、また帰っといでよー、としか言ってませんけど。


クラクラ楽しい!って思えるクランでクラクラするのが一番大事です。うちから出ていった人も出ていった先でクラクラを楽しんでくれてるならそれで(*'-')b OK! (表向き) 行った先が楽しくないならまた一緒にやりましょう!(本音)



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment